顧問弁護士とは

顧問とは、企業などが行っている業務に対して、求められた時に意見を述べる職務を行う役職であり、名誉的な役職という部分がありますが、この意見を企業の事業部門ごとの専門性をもって助言や指導してもらうために契約した顧問を契約顧問と呼ばれ、顧問弁護士は契約した企業から顧問料をもらい、法律や司法に関する全ての法務に関する助言や指導、相談を請け負います。

顧問弁護士と契約を結ぶメリットは、いざ何かが起きてしまった時に弁護士を探し一から相談をするにはかなりの時間が掛かってしまいますが、顧問弁護士は日頃から契約を結んだ企業の実情を把握していますから、すぐに起きた問題に取り掛かる事ができます。

この迅速さが、顧問弁護士最大のメリットで、弁護士にとっては裁判等など法的紛争になった時には、弁護士として企業の弁護や代理人を務めなくてはなりませんが、その依頼人が企業であれ個人であれ、信頼できる相手かどうかはとても重要なことになります。
しかし、顧問弁護士として日頃から相談を受け、信頼関係が出来上がっていれば迅速に企業にとってより良い方向へと動くことができます。

また、弁護士といえば司法の場での訴訟や裁判などになった時に必要な人、というイメージがありますが、実際には企業の法務に関する専門家でもありますから、契約書や債券の相談、社内向けの法律相談やコンプライアンス教育などの企業で総務部や法務部で行っている業務を委託する事もできます。



[Special Link]
契約書や債券、社内向けの法律相談などを任せる弁護士と低価格で顧問契約できるサービスです ⇒ 弁護士 顧問契約